【解説】鎖編みを輪にしたときにねじれてしまう…簡単な解決法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

先日、ショップの方に追加した「方眼編みで編む春夏用プルオーバー」でも使っている、鎖編みを輪にする編み方、苦手な方も多いのではないでしょうか?

少ない目数の鎖編みならまだしも、ただでさえくねくねとねじれてしまう鎖編みを長~く編んで、さらにそれを輪にするのは、なかなか難しいかもしれません。

がんばってせっかく編んだのに、1段目編み終わったら、ねじれてしまっていた…なんて、ガックリしてしまって、やる気も削がれてしまいそうです。

ということで、今回は、鎖編みをねじって輪にして編んでいくのが苦手な方でも簡単に編める編み方を解説しようと思います。

スポンサードリンク

鎖編みがねじれずに簡単に輪にする方法

まずは編み図で指定されている目数を作り目します。

この状態ではまだ輪にせず、1段目は普通に平編みと同じように編みます。

1段目が編めたら、1段目の立ち上がり目に引き抜き編みをします。

作り目側はとじてませんが、これで輪になりました!

あとは普通に編み図通りに編んでいくだけ。

編み図の通りに編み終わったら、作り目のところが開いたような状態なので…

糸端をとじ針に通して、1段目の立ち上がり目の根本の部分にとじ針を通します。

このまま糸を引いて、あとは編み地の裏側に糸を通して糸始末をしたら完成です!

鎖編みの状態で輪にしても、鎖編みに1段編んでから輪にしても見た目にほとんど違いはありません。

さらに作り目を拾って縁編みを編むような編み図だと、鎖編みの状態で輪にしたか1段編んでから輪にしたか、見た目から判断することはほぼ不可能になります。

鎖編みはそのままの状態だと、くねくねとねじれてしまうので、ねじれを直しながら輪にするのはけっこう大変ですが、1段編んだ状態だとねじれも簡単に直せます。

鎖編みを輪にして編み始めるような編み図は、編み本などでも見かけることが多いので、うまくいかない時、この編み方を思い出していただけたら嬉しいです^^

==========

思いつくままに書いてみましたが、もし分かりづらいところなどありましたら、コメントやメールなどでご連絡くださいませ。

また、間違いやここはこういう風にしたらもっときれいに編めるよなど編み物ベテランさんからの意見もお待ちしております!

何かありましたら、ぜひご指摘いただけると嬉しいです。

いつもありがとうございますm(_ _)m

クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

いつも閲覧ありがとうございます。

コメントは承認制ですので、投稿された後、すぐには反映されません。承認作業はPCで行っているため、承認まで少々お時間をいただいております。
また、金曜日~に投稿されたコメントは、週明け月曜日に承認作業を行いますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基礎の編み方についてなどのお問い合わせ
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。


また、かぎ針編みの基本の編み方につきましては、個別にお返事をいたしませんので、ご了承ください。
後ほど解説ページなどを設けて解説することもあるかもしれませんが、その旨の返信や時期などについてもお答えできかねますので、ご了承いただけますと幸いです。
詳細につきましては、こちらのページをごらんいただけますと幸いです。

編み図を見て編んだ作品の販売につきましては「編み図について」ページを、サイズ変更につきましては「サイズ変更について」ページをお読みくださいませ。