【編み図】かぎ針アラン模様の斜め掛けバッグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

お待たせしていたかぎ針アランのバッグ、完成しました!

最初は、トートバッグにしようかなぁと思ってましたが、結局、大きめの斜め掛けバッグになりました。

サイズ感は↓こんな感じです。

写真を見ていただくとお分かりになるかと思いますが、当初の予定に反して大きめバッグになりました。

普段、長財布と通帳ポーチ、母子手帳ポーチ…と、けっこうかさばるものを持ち歩くのですが、これだけ大きいと全部入れられそうです。

持ち手は、今回本体に編みこんだ角カンに合皮テープを通して、カシメでとめてみました。

角カンを編みこんだ三角部分は内布をつけない予定で、編地がのびてしまわないか心配でしたが、実際に普段持ち歩く荷物を入れてみても、特に伸びたりせず大丈夫そう。

別の糸を使用する場合、糸によってはけっこう伸びたりしてしまうこともあると思うので、心配な方は、内布つけたり…など補強してみてください。

スポンサードリンク

【編み図ダウンロード】

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>かぎ針アラン模様の斜め掛けバッグ

編み図を使用される前にこちらの編み図についてのページを、またサイズ変更についてはサイズ変更についてのページをお読みください。

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

【材料】

■使用糸:おひさま 【3玉パック】 FZ179 【毛糸ZAKKAストアーズ♪】

■使用量:11玉ちょっと

■使用かぎ針:8号

■その他の材料::角カン・革テープ・カシメ

【作り方】

※バッグはすべて2本どりで編みます。

① 鎖編み63目で作り目し、アラン模様の模様編みで35段編みます。

② 指定の位置に糸をわたし、細編みで底を編みます(54段目まで)。

③ 55段目を編んだら、編み終わりは続けて鎖編み8目、編み始め側は別に鎖編み8目編んだものをつけておきます。

④ 続けてアラン模様で90段目まで編んだら糸を切ります。

⑤ 指定の位置に糸をつけ、ふたを編みます。

⑥ バッグを中表に合わせ、★同士と青い●同士を巻きはぎでとじます(反対側も同様)。

⑦ バッグの両脇の指定位置に糸をつけ、それぞれ本体両脇の最終段と作り目を拾いながら、細編みで、持ち手用角カンをつける三角を編みます。

⑧ 持ち手をつけ、カシメでとめたら完成です。

編み図がかなり複雑ですので、以前、書いたかぎ針の縄編み解説とボッブルの編み方解説のページも参考にしてみてください。

【編み方解説】かぎ針で編む縄編み模様の編み方解説

【編み方解説】かぎ針で編むボッブル編み

==========

編み図に間違い等ありましたら、該当記事のコメント欄かお問い合わせフォームからお知らせいただけると助かります。

また、分からないことや質問などがありましたら、お気軽にコメント欄かフォームでお問い合わせください^^

編んだ作品をブログやツイッター、SNSなどに掲載する際、編み図の入手先として、ATELIER *mati*をリンクしてくださると嬉しいです。

Twitterに掲載していただく際は、ツイートに@atelier_mati と入れていただくと、こちらに通知が来ます。

通知が来ないと見逃してしまうことも多く、みなさんの編んだのを見せていただきたいので、ぜひよろしくお願いします!

その際、連絡などは不要ですので、お気軽にお願いします^^

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

いつも閲覧ありがとうございます。

コメントは承認制ですので、投稿された後、すぐには反映されません。承認作業はPCで行っているため、承認まで少々お時間をいただいております。
また、金曜日~に投稿されたコメントは、週明け月曜日に承認作業を行いますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基礎の編み方についてなどのお問い合わせ
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。


また、かぎ針編みの基本の編み方につきましては、個別にお返事をいたしませんので、ご了承ください。
後ほど解説ページなどを設けて解説することもあるかもしれませんが、その旨の返信や時期などについてもお答えできかねますので、ご了承いただけますと幸いです。
詳細につきましては、こちらのページをごらんいただけますと幸いです。

編み図を見て編んだ作品の販売につきましては「編み図について」ページを、サイズ変更につきましては「サイズ変更について」ページをお読みくださいませ。