【編み図】耳当て付きのキッズ用ニット帽

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

娘に編んだニット帽、編み図書けましたので、公開します^^

被った感じは↓です。

帽子本体は長編みと引き上げ編みでシンプルに編んで、娘の希望で雪の結晶モチーフを耳当て部分に縫い付けてみました^^

特にニンフィア風でもないので、気に入ってくれるか心配でしたが、頭頂部のボンボンと雪の結晶モチーフがとても気に入ったようで、毎日外出の時はかぶってくれてます^^

ちなみに、雪の結晶モチーフは先日紹介した「レースで編む雪の結晶モチーフ100」の62番をそのまま使ってます。

本体自体はシンプルなので、色を変えれば男の子でも大丈夫だと思いますので、ぜひ編んでいただけると嬉しいです♪

スポンサードリンク

【編み図ダウンロード】

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>耳当て付きのキッズ用ニット帽

編み図を使用される前にこちらの編み図についてのページを、またサイズ変更についてはサイズ変更についてのページをお読みください。

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

【材料】

■使用糸:手あみ 毛糸 ウイスター毛糸 ミディ

手あみ 毛糸 ウイスター毛糸 ミディ

手あみ 毛糸 ウイスター毛糸 ミディ
価格:244円(税込、送料別)

■使用量:3玉(帽子本体)

■使用かぎ針:6号

■参考ゲージ:10㎝四方18目×11段

【作り方】

※糸は2本どりで編みます。

① わの作り目をし、細編み12目編みいれます。

② 2段目・3段目は長編みで増し目しながら編みます。

③ 4段目以降は往復編み(1段毎に編む方向を変える)で模様編みを編み、15段目まで編んだら、続けて片側の耳当てを編み、糸を切ります。

④ 指定の位置に糸をつけ、反対側の耳当ても編み、続けて縁編みを細編み→長編みで編み糸を切ります。

ここからはお好みで…

縁編みの最終段に、別の色で細編み1目+鎖編み1目を編みつけます。

あと頭頂部のポンポンは、ポンポンメーカーの65㎜のものを使って作りました。

ちなみに帽子本体以外もすべて同じミディという糸を使ってますが、帽子本体は濃いピンクを2本取り、縁編みは薄ピンクを二本取りで、雪の結晶は白を1本取りで、ポンポンは白と薄ピンクの2本取りで編んでます。

帽子のサイズは、きっちりと測ったわけではありませんが、平置きで、一番広いところで24㎝ぐらいだったので、頭囲50㎝ぐらいだと思います。

==========

編み図に間違い等ありましたら、該当記事のコメント欄かお問い合わせフォームからお知らせいただけると助かります。

また、分からないことや質問などがありましたら、お気軽にコメント欄かフォームでお問い合わせください^^

編んだ作品をブログやツイッター、SNSなどに掲載する際、編み図の入手先として、ATELIER *mati*をリンクしてくださると嬉しいです。

Twitterに掲載していただく際は、ツイートに@atelier_mati と入れていただくと、こちらに通知が来ます。

通知が来ないと見逃してしまうことも多く、みなさんの編んだのを見せていただきたいので、ぜひよろしくお願いします!

その際、連絡などは不要ですので、お気軽にお願いします^^

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

いつも閲覧ありがとうございます。

コメントは承認制ですので、投稿された後、すぐには反映されません。承認作業はPCで行っているため、承認まで少々お時間をいただいております。
また、金曜日~に投稿されたコメントは、週明け月曜日に承認作業を行いますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基礎の編み方についてなどのお問い合わせ
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。


また、かぎ針編みの基本の編み方につきましては、個別にお返事をいたしませんので、ご了承ください。
後ほど解説ページなどを設けて解説することもあるかもしれませんが、その旨の返信や時期などについてもお答えできかねますので、ご了承いただけますと幸いです。
詳細につきましては、こちらのページをごらんいただけますと幸いです。

編み図を見て編んだ作品の販売につきましては「編み図について」ページを、サイズ変更につきましては「サイズ変更について」ページをお読みくださいませ。