【編み図】ストラップ付ルームシューズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク


スポンサーリンク

もう一つ、ルームシューズの編み図が書けましたので、アップしときます^^

PVaDdZLmxqqhBic1416180371_1416180400

この間、アップしたフェルト底のルームシューズと違って、こちらは足裏も一緒に編むので、足に適度にフィットします^^

靴下の上から履くと、とにかく暖かだし、脱げてくることもありません。

フェルト底のルームシューズは洗濯すると型崩れしてしまうのが心配ですが、こちらはその心配もなく洗濯できます。

アクリル糸を使ったので、そのまま洗濯機に放り込んで洗えるのがいいですよね^^

こちら、イベント用に出品しましたが、自分用に同じのをもう1つ編みたいなあと思ってます。

スポンサーリンク

【編み図ダウンロード】

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>ストラップ付ルームシューズ

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

また、PDFファイルが見れない場合は、↓こちらから編み図を見ることができます。

strap-roomshoes

【材料】

■使用糸:手あみ 毛糸 ウイスター毛糸 アメル ふんわり合太 【HLS_DU】

■使用量:約1玉弱

■使用かぎ針:7号

■その他の材料:ボタン2個

【作り方】

① 鎖編み9目で作り目し、編み図の通りに両端で増し目しながら甲側は模様編み、裏側は長編み(5段目以降は長々編みと長編みと交互)を編みます。

② 12段目まで編んだら、一度糸を切り、指定の位置に糸をつけ、22段目まで編みます。

③ 23段目からはかかと部分で、一方は22段から続けて25段目まで編み糸を切り、指定の位置に糸をつけて、反対側も同じように編みます。

QdBXY1HTXHwyf1H1416180504_1416180538

④ 25段目同志を巻きはぎでとじ、さらに23~25段目の段と22段目の長編みを巻きはぎでとじます。(すべて中表に合わせます)。

⑤ 16~17段目の間に糸をつけ、まずは鎖編み35目(ストラップ27目+ボタン穴8目)編み、鎖編み27目目に引き抜きます。

本体に向かって、鎖編みに細編みを編んで、続けて履き口にもぐるりと細編みを編みます。

ストラップの反対側まで来たら、鎖編みの反対側にも細編み、さらにボタン穴は束に拾って細編み10目編み、編み始めに引き抜いて完成です。

ボタン穴はお使いのボタンのサイズに合わせて、鎖編みの目数を変えてください。

サイズはだいたい23~25㎝ぐらいです。

【作品メモ】

■使用糸:手あみ 毛糸 ウイスター毛糸 アメル ふんわり合太 【HLS_DU】

■使用量:約1玉弱

■使用かぎ針:7号

■その他の材料:ボタン2個

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いつも閲覧ありがとうございます。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基本的な編み方についてはお教えできません。
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。

またキュレーションサイト様におかれましては、当サイトの編み図や作品写真などは、引用元を表示されたとしても、転載はご遠慮いただいております。
「編み図はこちら」などといった文字でのリンクで対応していただきますよう、よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です