【編み図】玉編みフリルのポシェット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ちょっと前に編み終わっていたポシェットの編み図、完成です^^

sk6ll75UbAMNE7f

FWf3Ml0KQrq0Mgz

シンプルなのがよかったので、ベースは細編みオンリーです^^

とりあえず、小銭入れと携帯、鍵ぐらいが入ればよかったので、内袋はつけてないけど、細編みでカッチリ編んでいるので、そんなに編み地が伸びたりもせず、大丈夫そうな感じ♪

ポシェットの口部分に、玉編みベースのフリルみたいな模様編みをつけてみました。

紐は細編みで編んでみましたが、革ひもとかをつけてもかわいいかも^^

本体に、白い糸でモチーフを編んで縫いつけようかなとも思ったのですが、とりあえずシンプルに飾りは何もつけませんでした。

これから実際につかってみて、いろいろアレンジしていくつもり♪

スポンサーリンク

【編み図ダウンロード】

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>玉編みフリルのポシェット

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

【材料】

■使用糸:\麻まつり。/ Slow Life(スローライフ) 【3玉パック】 FZ204 ●期間 6/7(土)朝8時→6/12(木)昼1時まで【毛糸ZAKKAストアーズ♪】

■使用量:1.5玉ぐらい

■使用かぎ針:4号

■その他の材料:直径約1.3cmのボタン 3個

【作り方】

① 鎖編み30目で作り目し、細編みで4段編んで、底を編みます。

② 底の周囲に、角8か所で増し目しながら1周編みます。

③ 段ごとに編む方向を変えながら、側面を編みます。

54段目で指定の糸で減らし目し、56段目は前段の細編みの頭の手前側1本だけをすくって編むすじ編みをします。

④ 本体の最終段は、指定の位置で紐通し口を作りながら、引き抜き編みで1周し、糸始末をします。

⑤ 本体55段目の残っている1本を拾ってフリルを編み、糸始末をします。

⑥ 鎖編み305目で作り目し、ボタン穴をあけながら、細編みで1段編みます。補強のため、周囲に引き抜き編みで1周編んで糸始末します。

⑦ 本体にボタンとボタン用の鎖編み13~15目ぐらいを縫いつけ、ひも通し口に紐を通して、ボタンでとめたら完成です。
ひもの引き抜き編みは、補強のためです。

細編みだけだと、肩に下げたとき、伸びてしまいそうだったので、引き抜き編みをしてみましたが、伸びるのがそんなに気にならなければ、細編みだけでも大丈夫だと思います^^

フリルは一模様8目ですので、サイズ変更する際は、フリルを編みつける段の目数が8の倍数になるようにしてください^^

PDFファイルが見れない場合は、↓こちらから編み図を見ることができます。

9TKjTTPuDd7DiBs

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
いつも閲覧ありがとうございます。

コメントは承認制ですので、投稿された後、すぐには反映されません。承認まで少々お時間をいただいております。
また、金曜日~に投稿されたコメントは、週明け月曜日に承認作業を行いますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基本的な編み方についてはお教えできません。
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。

またキュレーションサイト様におかれましては、当サイトの編み図や作品写真などは、引用元を表示されたとしても、転載はご遠慮いただいております。
「編み図はこちら」などといった文字でのリンクで対応していただきますよう、よろしくお願いいたします。