【解説】段から目を拾う方法

編み物がお上手な方にとっては、なんてことはない「段から目を拾う」、意外に質問いただくことが多いので、簡単に解説ページを作ってみます。

 

こちらで配布している編み図に限らず、いろんな編み物本などでも、登場する頻度がけっこう多い「段から目を拾う」、きれいに編めるようになると、作品の出来栄えがグーンとよくなります。

 

最初は、どこをどう拾ったらいいか難しいかもしれませんが、慣れれば、そんなに難しくありません。

 

こちらのページでは、段から目を拾う基本の編み方などを解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

目から段を拾って編む基本の編み方

土台は、白い毛糸で、方眼編みと長編みを12段編みました。

この土台の段から目を拾っていきます。

 

長編みなど目が詰まった箇所は、段の長編みの足の部分を割って目を拾います。

逆に、端が方眼編みなどで透けがある場合は、そっくり束に拾って目を拾います。

 

均等に目を拾う

段から目を拾う部分の編み図があれば、その通りに目を拾っていけばいいですが、編み図がなく「ここから○目拾う」と文章のみの場合も多くあります。

 

例えば、長編み10段から20目拾う場合…

目数÷段数で割り切れる場合は、20目÷10段=2目となるので、1段から2目拾うと分かりやすいです。

こんな風に割り切れる場合は、特に問題はないのですが、割り切れない場合は、場所によって目が密になったり、逆に目がスカスカになったりということが内容に、段全体から均等に目を拾う必要があります。

 

短い距離なら目分量でも大丈夫ですが、カーディガンやベストの前立てなど、長い距離から目を拾う際は、目数リングなどを使うと均等に拾うことができます。

 

全体を何か所かに分け、目数リング(余り糸などでもOK)で印をつけておきます。

上の写真を例にすると、段を3箇所に分けているので、段から拾う目数を3で割り、青・黄色・赤の区間それぞれから同じ目数編むようにすると、均等に編むことができます。

 

例では3か所に分けていますが、半分に分けたり、4か所・5か所・6か所に分けたりと、拾う目数や段の距離などに合わせて調整してください。

 

うねうねしたりひきつったりする場合は…

編み図通りの目数を拾ったら、編地が波打ってしまったり、逆にひきつってしまったりすることもあると思います。

上の写真のように、段から目を拾ったときにウネウネっと波打ってしまうときは、目数が多いということです。

 

上の写真は、わざと波打つように極端に目を増やして編んでみましたが、人によって手の加減がぜんぜん違うので、編み図の通りに編んだのに波打ってしまったり、ひきつれてしまったりということは、そんなに珍しいことではありません。

 

そんなときは、必要以上に編み図にこだわらずに、目数を変えてしまってもいいと思います。

 

==========

 

思いつくままに書いてみましたが、もし分かりづらいところなどありましたら、コメントやメールなどでご連絡くださいませ。

 

また、間違いやここはこういう風にしたらもっときれいに編めるよなどありましたら、ぜひご指摘いただけると嬉しいです。

 

 

いつもありがとうございますm(_ _)m

クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 

コメント

  1. shaboo より:

    mati, thank you ever so for you post.Much thanks again.