【編み図】あずま袋風お弁当入れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

あずま袋風に結んで使うお弁当入れの編み図です^^

WbluLLmKtuQiOWB1434582189_1434582207

平置きにしたところ^^

底は丸底にしたので、大きめお弁当箱でも大丈夫!

Q_eT3ivUN9uAUzc1434582221_1434582243

お弁当箱を中に入れてみました。

やっぱり手編みなので、結んだところがゴロっとしてしまいますが、なかなかお気に入り^^

底の直径約14㎝ぐらいですが、一模様3目で、底は何段編んでも必ず3の倍数になるので、お好きな大きさになるまで底を編んでみてくださいませ。

お弁当箱のサイズに合わせて、模様編みの段数を増減したり、楕円底で編んでみるのもいいと思います。

三角形の持ち手部分は、途中まで両端で2目一度を2回ずつ、その後、2目一度を1回ずつ編んでますが、もうちょっと長くてもいいかもです^^

その際は、2目一度を2回ずつ編む段を減らしてみてください。

スポンサーリンク

【編み図ダウンロード】

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>あずま袋風お弁当入れ

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

また、PDFファイルが見れない場合は、↓こちらから編み図を見ることができます。

azumabukuro

【材料】

■使用糸:\作品レシピSALE/Hanna(ハンナ)中細 【3玉パック】 FZ171 ●6/14(日)朝8時→6/18(木)朝8時【毛糸ZAKKAストアーズ♪】

■使用量:約3玉

■使用かぎ針:4号

【作り方】

① わの作り目をし、長編みで増し目しながら底を12段編みます。

② 13段目を長編みで増減なしで編み、14~28段目まで模様編みで編みます。

③ 29段目からは三角の部分を編みます。両端で2目一度を2回ずつ(1段で4回)しながら、67目拾います。

④ 41段目までは、両端で2目一度を2回ずつ(合計4回)、42段目以降は両端で2目一度を1回ずつ減らし目しながら編み、最終段は3目一度をし、糸始末をします。

⑤ 今、編んだ三角形から1目あけたところに糸をつけ、同じように三角形を編みます。

⑥ お好みで、三角形の結び目の周囲に細編みを1段編んだら完成です。

模様編み部分は、1模様3目になりますので、サイズを変えたい場合などは底の最終段の目数が3の倍数になるようにしてください。

底は、同じ方向に向かって編みますが、模様編みの段以降は、1段毎に編み地をひっくり返しながら、編む方向を変えてます(平編みの要領で)。

ご注意くださいませ。

【作品メモ】

■使用糸:\作品レシピSALE/Hanna(ハンナ)中細 【3玉パック】 FZ171 ●6/14(日)朝8時→6/18(木)朝8時【毛糸ZAKKAストアーズ♪】

■使用量:約3玉

■使用かぎ針:4号

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
いつも閲覧ありがとうございます。

コメントは承認制ですので、投稿された後、すぐには反映されません。承認まで少々お時間をいただいております。
また、金曜日~に投稿されたコメントは、週明け月曜日に承認作業を行いますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基本的な編み方についてはお教えできません。
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。

またキュレーションサイト様におかれましては、当サイトの編み図や作品写真などは、引用元を表示されたとしても、転載はご遠慮いただいております。
「編み図はこちら」などといった文字でのリンクで対応していただきますよう、よろしくお願いいたします。