【編み図】パイナップル編みのフラップポーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フラップ部分にパイナップル編みを入れたポーチ、編み図が書けました^^

gPT2dZSIskFpZYt1463093666_1463093689

W4QmgBSszYaG6hd1463093698_1463093716

ふた以外はすべて長編み^^

サイズは、平置きにした状態で本体が横23㎝×縦16㎝ぐらい。

しっかりとした内布をつければポーチとしてはもちろん、小さめクラッチバッグとしても使えます。

パイナップル模様は、以前編んだパイナップル模様のストールの模様を使ってみました。

三角ストールの編み図です。トルソーに着けてみると、こんな感じです↓いつも三角ストールを編む際は、三角形の頂点から編み広げていくのですが、今回はパイナップルの向きを下向きにしたかったので、底辺から編んでます。小さめサイズでも、最初の作り目が334...

そのままだと、ポーチのフタとして使うには大きかったので、ちょっと変えてます^^

スポンサーリンク

編み図ダウンロード

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>パイナップル編みのフラップポーチ

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

また、PDFファイルが見れない場合は、↓こちらから編み図を見ることができます。

pinapplepouch

※ PDFファイルの方、A4サイズなので、どうしても編み図が小さめになってしまいます。

もし小さくて見づらいようでしたら、別途、画像ファイルの方をダウンロードしていただければ幸いです。

材料

■使用糸:コットンヤーン(ザ・ダイソー)

■使用かぎ針:4号

■使用量:約2玉

作り方

① 鎖編み55目で作り目し、両端で5目ずつ増し目しながら、1周120目長編みを編みます。

② 続けて長編みで21段目まで編みます。

③ 21段目編んだら、引き抜き編みで指定の位置まで移動し、パイナップル編みの模様編みでふたを18段編みます。

④ 続けてふたの周囲3辺と、ふたを編むときに目を拾わなかった本体21段目を拾って、細編みを1段ぐるりと編んで完成です。

本体はすべて長編みで輪の状態で編みますが、脇の位置をずらさないように、1段ごとに編む方向を変えて(平編みと同じように)編んでます。

ふた部分は1模様24目です。

サイズを変更する際は、24の倍数に6を足した数になるように調整してください。

作品メモ

■使用糸:コットンヤーン(ザ・ダイソー)

■使用かぎ針:4号

■使用量:約2玉

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
いつも閲覧ありがとうございます。

コメントは承認制ですので、投稿された後、すぐには反映されません。承認まで少々お時間をいただいております。
また、金曜日~に投稿されたコメントは、週明け月曜日に承認作業を行いますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基本的な編み方についてはお教えできません。
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。

またキュレーションサイト様におかれましては、当サイトの編み図や作品写真などは、引用元を表示されたとしても、転載はご遠慮いただいております。
「編み図はこちら」などといった文字でのリンクで対応していただきますよう、よろしくお願いいたします。