【編み図】畝編みのクリスマスリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

クリスマスリースの編み図が描けました!

あまり天気がよくなくて、きれいに写真が撮れなかったので、前に撮ったのも一緒に載せときますね^^

使用糸は、ダイソーのマルチカラーという糸。

この糸でクリスマスツリーを編んでくださった方がいて、かわいかったので、真似させていただきました。

これだと、特に飾りつけしなくても可愛い^^

まだ、百均にクリスマス関連のものがほとんど売ってなかったので、リボンだけつけてみました。

たぶん来週ぐらいになったら、百均もクリスマス色になってくると思うので、そしたら、また改めて飾りつけしてみようと思います。

こちらで、直径約18cmで1.5玉使用です。

この目数で1玉使い切りだと、ちょっとバランスが悪いかなという感じ。

1段の目数を減らせば、1玉使い切りでミニサイズのリースもいけそうです^^

段数や目数に、特に決まりはないので、お好きなサイズにアレンジして編んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

編み図ダウンロード

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>畝編みのクリスマスリース

編み図を使用される前にこちらの編み図についてのページをお読みください。

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

※ ただいま試験的にPDFファイルのみでの編み図配布とさせていただきます。

材料

■使用糸…マルチカラー(ダイソー)

■使用量…約1.5玉

■使用針…かぎ針7号

■サイズ…直径約18cm

作り方

① 鎖編み20目で作り目し、最初の1目めに引き抜き編みをして輪の状態にします。

② 編み図の通りに、中長編みおよび細編みの畝編みで66段編み、糸を切ります。

③ 最終段と作り目を巻きはぎなどでとじて完成です。

編む際のポイント

・中長編みは、通常鎖編み2目で立ち上がり、立ち上がり目を1目と数えますが、穴が開くのを防ぐため、この編み図では、鎖編み1目で立ち上がり、立ち上がり目を1目と数えずに編んでいます。

編み終わりは、立ち上がり目を飛ばして、1目めの中長編みに引き抜き編みしてください。

・輪の状態で編んでいきますが、畝編みの模様を出すため、1段毎に編地をひっくり返して、平編みの要領で編んでいます。

輪の状態で、編む方向を1段毎に変えて編む場合、1段の目数が変わってしまうことが多いので、編むときに目数を数えながら編むなどして、1段の目数が変わらないように注意しながら編んでください。

・中に綿が入っていますが、最後にまとめて入れようとしても、なかなか入りません。10cmぐらい編んだら綿を入れて…と少しずつ入れていく方がいいと思います。

==========

編み図に間違い等ありましたら、該当記事のコメント欄かお問い合わせフォームからお知らせいただけると助かります。

また、分からないことや質問などがありましたら、お気軽にコメント欄かフォームでお問い合わせください^^

編んだ作品をブログやツイッター、SNSなどに掲載する際、編み図の入手先として、ATELIER *mati*をリンクしてくださると嬉しいです。

Twitterに掲載していただく際は、ツイートに@atelier_mati と入れていただくと、こちらに通知が来ます。

通知が来ないと見逃してしまうことも多く、みなさんの編んだのを見せていただきたいので、ぜひよろしくお願いします!

その際、連絡などは不要ですので、お気軽にお願いします^^

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事
いつも閲覧ありがとうございます。

コメントは承認制ですので、投稿された後、すぐには反映されません。承認まで少々お時間をいただいております。
また、金曜日~に投稿されたコメントは、週明け月曜日に承認作業を行いますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

コメントされる際、以下の質問・お問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 編み図と同じように編んだが、当サイトで掲載している完成写真と形やイメージが違うなどのお問い合わせ
  • かぎ針編みの基本的な編み方についてはお教えできません。
  • 他の作家さんの作品の編み図作成依頼はお受けできません。

またキュレーションサイト様におかれましては、当サイトの編み図や作品写真などは、引用元を表示されたとしても、転載はご遠慮いただいております。
「編み図はこちら」などといった文字でのリンクで対応していただきますよう、よろしくお願いいたします。