【編み図】松編み持ち手のネットバッグ

スポンサーリンク

Twitterでも予告してました、持ち手部分が松編みになったネット編みのバッグ、編み図書けました^^

 

実際に持つと、↑こんな感じです。

けっこう大きめ^^

通常、ネット編みのバッグは物を入れると、ものすごく伸びてしまいますが、本体から松編みを入れているので、比較的、伸びが少ないです。

 

底は長編みで…

 

模様がよく見えるように写真を撮ってみました^^

このまま内袋なしで、サブバッグ的に使おうかと思ってましたが、なんだか思っていた以上にうまく作れたので、がんばって内袋、作ってみようかなと思ってます。

 

スポンサーリンク

編み図ダウンロード

編み図を見るには、↓のリンクをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。

>>>松編み持ち手のネットバッグ

編み図を使用される前にこちらの編み図についてのページを、またサイズ変更についてはサイズ変更についてのページをお読みください。

クリックするとPDFファイルが表示されます。

ページ上部のメニュー右側にある下向きの矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

 

 

材料

■ 使用糸:de・l’enge(ド・ランジュ)/天使の時間【3玉】【綿100%/約40g玉巻(約103m)×3玉/合太 】FZ159/ZAKKA

■使用量:約4玉

■使用かぎ針:5号

 

作り方

① わの作り目をし、長編みで1段ごとに12目ずつ増し目しながら底を10段編みます。

 

② ネット編みと松編みで52段目まで編みます。

 

③ 53段目が編めたら、一度糸を切ります。

 

④ それぞれの持ち手に糸をつけ、持ち手を34段編み、持ち手同士を繋いだら完成です。

 

松編み部分が少し分かりづらいかもしれません。前段の細編みを拾って松編みを編んでください。

偶数段の松編み模様の最初の細編みは、前段の鎖編み2目を束に拾って編みます。

53段目では、松編み模様の両端のみ、中長編みを編んでいます。

53段目を編んだ後、それぞれの持ち手に糸をつけますが、模様の関係上、裏を見た状態で糸をつけています。そのままだと、糸端が表にでてしまいますので、糸始末の際に、裏側に引き出して糸始末してくださいませ。

持ち手は、中表に合わせて巻きはぎでとじています。

 

==========

 

編み図に間違い等ありましたら、該当記事のコメント欄かお問い合わせフォームからお知らせいただけると助かります。

また、分からないことや質問などがありましたら、お気軽にコメント欄かフォームでお問い合わせください^^

編んだ作品をブログやツイッター、SNSなどに掲載する際、編み図の入手先として、ATELIER *mati*をリンクしてくださると嬉しいです。

Twitterに掲載していただく際は、ツイートに@atelier_mati と入れていただくと、こちらに通知が来ます。

通知が来ないと見逃してしまうことも多く、みなさんの編んだのを見せていただきたいので、ぜひよろしくお願いします!

その際、連絡などは不要ですので、お気軽にお願いします^^

 

 

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 

コメント

  1. miki より:

    素敵な編み図をいつも利用させていただいております。
    こちらをサイズ変更して編みたい場合、偶数目にすれば大丈夫でしょうか?