【編み方解説】かぎ針編みで編むアラン模様の編み方

スポンサーリンク

昨日に引き続き、かぎ針編みで編むアラン模様の編み方解説です。

今日は、コチラの模様↓

コチラは、昨日のなわ編みの応用です。

なわ編みを2つ組み合わせただけですが、交差の向きを左右で変えて編むので、そこがちょっと難しいかも…

何度か編めば、すぐにコツをつかめると思います。

 

スポンサーリンク

引き上げ編みを編むときのルール

引き上げ編みは表と裏で編み方が違いますが、編み図上は表から見たときの記号が描かれています(棒針編みの編み図と同じ)。

ですので、編み図が表引き上げ編みだからと言って、すべての段を表引き上げ編みで編むと、模様が違ってきてしまいます。

アラン模様やなわ編み模様に限らず、引き上げ編みを編むときは、表を見ながら編む段は編み図の記号通りに、裏を見ながら編む段は記号を読み替えて編んでください。

 

かぎ針編みで編むアラン模様の編み方

今回、編むアラン模様の編み図はコチラ↓です。

 

① 1段目は長編みを編みます。

 

② 2段目は、中央の6目を長編みの裏引き上げ編み(表から見たら表引き上げ編みに見える)を編みます。

 

③ 3段目は、引き上げ編みの手前まで長編みを編んだら…

 

④ まずは1・2の2目を飛ばして、3・4の目に長編みの表引き上げ編みを編みます。

 

⑤ そして、とばした1・2の目に、長編みの表引き上げ編みを編みますが、このとき左上で交差させたいので、④で編んだ引き上げ編み2目の後ろを通って引き上げ編みを編みます。

3・4に編んだ引き上げ編みを前に倒すようにして編んでください。

 

⑥ 残りの5・6は普通に長編みの表引き上げ編みを編み、端2目は長編みを編みます。

 

⑦ 4段目は、中央の6目を長編みの裏引き上げ編みを編みます。

 

⑧ 5段目は、模様の手前まで長編みを編んだら…

 

⑨ 1・2の目に長編みの表引き上げ編みを編み、3・4を飛ばして、5・6に長編みの表引き上げ編みを編みます。

 

⑩ とばしておいた3・4の目に長編みの表引き上げ編みを編みます。

 

⑪ 6段目は、中央の6目を裏引き上げ編みで編みます。

あとは③~⑪を繰り返します。

 

次は、一番大きい模様のダイヤ柄の解説を予定しています。

hsbfg9rkg1dsezd1480638131_1480638279

 

==========

 

編み図に間違い等ありましたら、該当記事のコメント欄かお問い合わせフォームからお知らせいただけると助かります。

また、分からないことや質問などがありましたら、お気軽にコメント欄かフォームでお問い合わせください^^

編んだ作品をブログやツイッター、SNSなどに掲載する際、編み図の入手先として、ATELIER *mati*をリンクしてくださると嬉しいです。

Twitterに掲載していただく際は、ツイートに@atelier_mati と入れていただくと、こちらに通知が来ます。

通知が来ないと見逃してしまうことも多く、みなさんの編んだのを見せていただきたいので、ぜひよろしくお願いします!

その際、連絡などは不要ですので、お気軽にお願いします^^

 

 

いつもありがとうございますm(_ _)m
クリックしていただけると、すごく励みになります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ 

コメント